閉じる
閉じる
閉じる
  1. 発達障害がある子はどのくらいいる?
  2. 「発達障害の子」と「ふつうの子」はどこが違う?
  3. 発達障害の子はこんなことで困っている
閉じる

発達障害サポートナビ

「発達障害の子」と「ふつうの子」はどこが違う?

知的な遅れもないことが多いため、「発達障害」であることが理解されにくい現実があります。また、「ふつう」か「障害」かの線引きは難しいため、安易に「障害」と決めつけることは避けるべきです。

発達障害とは「特徴・症状」を知ろう

「ふつう」に見える
発達障害は。身体の障害ではなく、また、知的な遅れを伴わないことも多いため、障害であることに気づかれないことがあります。

普段は特に変わったところがないように思われていた子が、運動会で一番になれなかった時に突然癇癪を起こして、周りの人を驚かせると行ったこともあります。

また、授業中は静かに先生の話を聞き、宿題を真面目にやって来るような真面目な子でも、計算問題や漢字の書き取りで、なかなか合格点が取れないということもあります。

一見、他の子供と違ったところが見られませんが、ある分野において習得する力が劣っていたり、特定の場面や状況において感情のコントロールができなくなったりと行った、発達のアンバランスさが目立つのが発達障害の特徴といえます。

普段は「ふつうの子」に見えることにより本人が困惑していることが、周りから見てはわかりにくい状況になってしまいます。

発達障害 チェック

「発達障害」と「ふつう」との境界線が曖昧

発達障害が有るか無いのかという線引きをすることは難しいといえます。

発達障害の診断基準は設けられており、それに当てはまれば「障害」と見做すことはできます。
しかし、発達障害と認められる条件として「新d何基準のうち6つ以上が当てはまる」ことが条件になっている場合で、5項目が当ては待ているケースもありますが、この場合は「障害では無い」と判断するのが良いのかどうかという場合もあります。

医師が問診や子供の様子を観察した結果が、発達障害が見られると考えれば、「発達障害の傾向がある」と皆し、子供の日常的な困り感を解消したり、生活支援を行ったりする必要があるでしょう。

「ふつうの子」の中にも発達障害の傾向を持つ子は存在し、発達障害のある子の中にも「ふつうの子」に限りなく近い子がいます。

発達障害と認められても普通の子と間には厳然とした境界線が引かれているわけではなくその境界線は曖昧になっています。

周りの環境にも左右される

発達障害か動画の判断は、周りの環境にも左右されます。 たとえば、発達障害のある子のなかには、多動の傾向を示す子がいます。
多動とは、落ち着きがなか ったり、じっとしていられなかったりする状態をさしますが、子どもの落ち着きのなさを「病的だ、異常だ」と感じる人もいれば「活発だ、のびのびしている」と捉える人もいるでしょう。周囲にいる人によって受け取られる印象は違うため、多動性の傾向があると受け取る人もいれば受け取らない人もいます。

この時に「不適応」と判断されれば障害に繋がりますし、適応範囲内と判断されれば障害ではなくなります。

発達障害であるかどうかというのは周りにいる人の考え方や許容の範囲などによっても判断されます。

このような例もあるため、発達障害のある子と普通の子の違いは明確ではりません。ですから、発達障害に特有のいくつかの特徴が当てはまる子について、安易に「あの子は発達障害だ」と決めつけることも避けるべきです。

関連記事

  1. 発達障害がある子はどのくらいいる?

  2. 発達障害の子はこんなことで困っている

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 発達障害とは、自閉症、アスベルガー症候群、注意欠陥多動性障害、学習障害を中心とする脳機能の障害」のこ…
  2. 知的な遅れもないことが多いため、「発達障害」であることが理解されにくい現実があります。また、「ふつう…
  3. 漢字の読み書きが苦手、計算に時間がかかる、忘れ物が多い、先生や友だちの話が最後まで聞けない、カツとな…

アーカイブ

ページ上部へ戻る